こんにちは!

旬の食材、匠の食材を扱う

「旬匠(しゅんたく)」の小林です。

私たち「旬匠」はお米や梅干し、また

一本釣りウルメイワシなどといった希少な食材まで日本全国に眠っている、

本当に美味しい旬の食材、匠の食材を扱っています。

今回は、一升餅のお祝いを行うタイミングについてお話ししていきたいと思います。

お子様の健やかな成長を願うイベントである

一升餅のお祝いは1歳の誕生日に行うのが正しいでしょうか?

一般的には一歳のお誕生日に行われるケースが多いとは思います。

1.一般的な一升餅のタイミングは1歳の誕生日

全国各地で行われている、

お子様の1歳のお誕生日をお祝いする一升餅のイベント。

一升餅のお祝いは、やはり1歳のお誕生日に行うのが一般的です。

ただ、お誕生日当日が平日だと

親戚や参加者の方がなかなか集まりにくいため、お誕生日近くの土日祝日、

もしくは大安などのお日柄の良い日を選ばれる方も多いようです。

2.地域によっては〇〇に行うところも!

「【まとめ】一升餅の地域別のお祝い方法をまとめました!」

の記事でもご紹介しましたが、

東北地方(主に山形県や福島県)には

1歳のお誕生日に一升餅のお祝いを行うのではなく、

1歳になる前にお子様が歩き始めたら一升餅のお祝いをする地域もあるようです。

昔お子様が1歳のお誕生日前から歩き出すのは、

早く家を離れてしまうことを暗示し、

良くないことと考えられていました。

つまり、1歳になる前に一升餅のお祝いをすることには少しでも長く親元にいて欲しいという

親御さんの願いが込められていると言えます。

ちなみにこの場合、1歳を過ぎてから歩き始めた時は一升餅のお祝いは行わないこともあるようです。

 

3、タイミングよりも大切なのは安全です。

一升餅のお祝いにおいて何よりも大切なこと。

それは、お子様の安全です。

風呂敷やリュックを使ってお餅を背負わせますが、

この時にお子様の首に負担がかからないよう十分に注意してください。

また、歩けないようでしたら無理に歩かせようとする必要はありません。

地域や風習によっては、わざと転ばせるお祝い方法もありますが、

(転ばせ餅と呼びます)

転ばせるにしてもそうでないにしても、

お子様が怪我をしないように、

常に大人が見守るようにしましょう。

また、一升餅を背負わせる際のコツも

下記の記事にてご紹介していますので、

お祝いをする時の参考にしてみてくださいね。

※「一升餅のお祝いの仕方とは? 準備から当日の流れまで、わかりやすく解説します!」

*****

さて今回は、

一升餅のお祝いは1歳のお誕生日に行うのが正しいのか?

お祝いを行うタイミングについてお伝えしました。

風習の違いが、一升餅のお祝いを行うタイミングにも影響することがおわかり頂けたのではないでしょうか。

日本全国さまざまな

風習やお祝いの仕方がありますが、

私たち旬匠の一升餅は

日本の伝統を重んじた、

どんな場面でも喜んでいただけるお餅です。

旬匠の一升餅についてのご紹介は下にあります。

【商品紹介ページ】

 

【あわせて読みたい関連記事】

 

 

PAGE TOP