こんにちは!

旬の食材、匠の食材「旬匠(しゅんたく)」の原田です。

 

私たち「旬匠」は、お米や梅干しなど日本全国に眠っている、本当に美味しい旬の食材、匠の食材をご紹介しています。

前回は、私たち旬匠が無添加と伝統にこだわって、一升餅をお届けしていることをご紹介しました。

「本来の一升餅」というものが、よくお分かりいただける内容になっていますので、どうぞお読みくださいね。

 

さて今回は、私たち旬匠が一升餅のおいしさにこだわる理由について、ご紹介していきたいと思います。

1.こだわりの「もち米」と「作り方」について

私たち旬匠は、お餅一筋40年の老舗の餅職人さんによる、こだわりの一升餅を取り扱っています。

選んだもち米は、目利きが選んだミヤコガネです。

もち米の王様と呼ばれる品種コガネモチを宮城ではミヤコガネと命名しています。

お米は、釜で炊かずに蒸篭(せいろ)で蒸してたきあげます。

たき上がったお米は、杵でついてお餅にします。

最後は餅一筋の職人が手でこねて絶妙な丸さに仕上げます。

当然、無添加ですのでお米の味、お餅の製造方法をごまかせません。

味をごまかす要素が何もはいってません。お餅だけで勝負しています。

保存料を使っていませんので、開封後はカビが生えやすいです。開封後は出来るだけ早く食べていただきたいのですが、保存する場合はパックして冷蔵庫にいれてください。また少し長く保管したい場合はパックごと冷凍庫で凍らせてください。

2.風呂敷やリュックをつけずに販売する理由

最近は、一升餅を販売するだけでなく、一升餅のお祝いのために必要な「まとめセット」を提供するお店も多くなってきています。

例えば、そのようなおまけには、風呂敷やリュックなどが多いようです。

確かに、風呂敷やリュックなど、全てが最初から揃っているものの方がお得感があり、便利だと感じるかもしれません。

でも、風呂敷の絵柄には人それぞれの好みがあると思います。

「かわいい」と思えれば良いですが、「かわいい」と思えない風呂敷が来たら、その風呂敷でお餅を包むことは、ないのではないでしょうか?

リュックサックも赤ちゃんの首への負担を考えると最近では良い選択肢なのかもしれません。

でも、男の子用、女の子用でも色や形も違うでしょうし、我々ではそんなに簡単には決められません!

私たちは、風呂敷やリュックの絵柄で悩まず「美味しい一升餅を届ける」ことに専念しております。

お子様の記念すべき一歳のお祝いのために食す目的として、購入される方が多いかと思います。

この背景には日本における伝統が脈々と受け継がれて来ています。

私たちはその伝統を踏まえて一升餅を提供しています。

「一度きりの伝統行事」で「最高の一升餅」を楽しんでいただけたらと願いを込めています。

「おいしい笑顔を食卓に」を追求し、味にこだわった旬匠の一升餅が、少しでもご家族のハレの日にお役に立てたら嬉しく思います。

3.味で一升餅を選ぶことの重要性

 

私たち旬匠は一升餅に一切、合成着色料と保存料を使用していません。

最近流行りの「寿」や「お名前」等の文字入れにはほとんど合成着色料が使われていますが、これを使いたくありません。

せっかく、品種にこだわってお米を使いふっくらと丸い、程よい弾力のお餅が出来上がったのでシンプルに何も加えたくありません。

その代わり、自慢の絶妙な丸さが縁起の良さを彩ってくれます。

シンプルでも最近流行りの「インスタ映え」にもなるかなと密かに思っています。

合成着色料は本当に必要でしょうか。

今の世の中、召し上がる全ての食品から、合成添加物や合成着色料を取り除くことは現実的には難しいことかもしれません。

しかし、せめて大切なお子様の大切な一歳の記念すべきハレの日には、着色料など一切使用していないシンプルで昔ながらの一升餅でお祝いされてはいかがでしょうか。

 

*****

大切なお子様の一歳のハレの日を、旬匠のおいしい一升餅でお祝いして頂けたら嬉しいです。

【商品紹介ページ】

 

【合わせて読みたい関連記事】

 

 

PAGE TOP