こんにちは!

旬の食材、匠の食材 「旬匠(しゅんたく)」の小林です。

私たち「旬匠」はお米や梅干し、一本釣りウルメイワシといった希少な食材まで日本全国に眠っている、本当に美味しい旬の食材、匠の食材を扱っています。

今回は、和牛のカロリーや栄養素、和牛肉とマッチする食べ合わせまで、詳しくご紹介していきます!

1.和牛肉のカロリー

和牛肉のカロリーは、牛肉に含まれる脂質や、サシの入り具合によっても左右されますが、具体的には肉の部位によってかなり異なります。

ここでは、一般的な和牛肉100グラムを例として、その中にどれくらいカロリーが含まれているのかを、詳しく見ていきます。

  • ヒレ ・・・ 233kcal
  • サーロイン・・・498 kcal
  • バラ肉・・・517 kcal
  • リブロース・・・573 kcal
  • 肩ロース・・・411 kcal
  • モモ肉・・・259 kca
  • 外モモ・・・265 kcal
  • かた肉・・・286 kcal
  • ランプ・・・347 kcal
  • すね肉・・・155 kcal
  • シンタマ・・・259 kcal

これを見てお分かり頂けるように、和牛肉に含まれるカロリーは、食べる部位によって大変異なります。

日頃からカロリーを気にして生活されている方は、カロリーの低い和牛部位を食べることで、今後はカロリーの取り過ぎに気を取られずに、和牛肉を楽しむことができるのです。

2.和牛肉の栄養素

◆タンパク質

タンパク質は、約20種類のアミノ酸で形成されていますが、20種類中、9種類に限っては必須アミノ酸で形成されています。

和牛肉には、この必須アミノ酸が、豊富に含まれているために、和牛肉を積極的に食べることは、「質の良いタンパク質を摂取」することと、同じです。

例えば、和牛肉に含まれるアミノ酸の中に、「トリプトファン」も含まれていますが、このトリプトファンから生み出される「セロトニン」という神経伝達物質があります。これが不足してしまうと、鬱病などの精神疾患の要因となりますので、積極的に和牛肉を摂取することは、健康的なメンタルを保つためにも効果的であると言えます。

◆ビタミン

和牛肉に多く含まれているビタミンとして、主に、「ビタミンB6」と、「ビタミンB12」が挙げられます。

ビタミンB6は、アミノ酸の代謝と関係していて、ビタミンB6が不足すると、皮膚疾患が起こりやすくなってしまいます。

ビタミンB12に関しては、脂質の代謝や、アミノ酸の代謝を促す作用を持ちます。これが不足してしまうと、神経系の病などの精神疾患の要因となったり、重度の貧血を引き起こす原因となります。

ビタミンB6に関しても、ビタミンB12に関しても、人間が健康的に生活を送る上で欠かせない栄養素なのです。

◆ミネラル

ミネラルは、体内のメンテナンスを行う働きを持ちます。体内のホルモン機能を調整したり、骨を形成してくれるのもミネラルの役目です。

ミネラルの中で、和牛肉に豊富に含まれているのが、「カリウム」と、「ヘム鉄」です。カリウムには、ナトリウムを取り除く働きがあります。

カリウムが不足すると、疲れやすくなったり、ナトリウムを除去する働きが弱まり、食欲減退ということへも繋がってしまいます。

ヘム鉄に関しては、和牛肉に含まれる含まれるミオグロビンの中に、ヘム鉄が含まれています。貧血や、月経による貧血で、慢性的な鉄分不足に陥っている方には、和牛肉を日頃より摂取することで、是非取り入れて頂きたい栄養素です。

3.和牛肉とマッチする健康的な食べ合わせ

◆ヘルシーな食べ合わせ①ポテト

和牛肉を食べるときに、ポテトを一緒に摂取することで、胃腸の働きを強化してくれたり、消化を手助けする効果が得られます。じゃがいもをポテトサラダにして合わせたり、粉ふきいもにして和牛肉と食べるのも、美味しくて、身体に良い組み合わせです。

◆ヘルシーな食べ合わせ②トマト

トマトには、「リコピン」という栄養素が含まれていますが、このリコピンには、生活習慣病の予防や改善、美容効果から眼病予防、肥満予防にまで効果があり、おまけに疲労回復といった、嬉しい効果まであるのです。

このリコピンは、実は和牛肉との相性が良く、和牛肉をトマトと合わせて食べることで、吸収性がアップして、前述したような効果がさらに発揮されやすくなります。トマトは、和牛肉にサラダを合わせるだけで、簡単に摂取できますので、和牛肉を食べるときには、是非トマトも一緒に取り入れることを心掛けてみてください。

◆ヘルシーな食べ合わせ③オリーブオイル

オリーブオイルを和牛肉と合わせても最適です。オリーブオイルには、血行を促進させ、免疫力を上げたり、体脂肪を減らす効果があります。和牛肉を焼く際に、オリーブオイルを使用するのも良いですし、オリーブオイルをふんだんに使用したい時には、アヒージョにするのも効果的な食べ合わせです。

 

4.ブランド和牛の通販は、「旬匠」へ!

旬匠がお届けしている和牛は選りすぐりの近江牛です。牧場から直接買付けした黒毛和牛の未経産のメス牛です。

近江牛全体では、年間で6,000頭しか出荷出来ない希少な和牛です。その中でも未経産のメス牛だけを丁寧に肥育している牧場から直接買付けをしています。

牧場では、一頭一頭のストレスが少なくなるよう、スペースを広くのびのびとした環境で飼育しています。牛たちの表情が心なしか穏やかに見えます。こうして育てられた最高の近江牛をお届けします。

肥育期間にもこだわりがすごいんです。通常の和牛は生後24ヶ月位で枝肉として出荷されていきます。

一方で旬匠の近江牛は、一般的な出荷タイミングよりもかなり長く飼育します。およそ36カ月位は肥育します。通常の1.5倍の期間をかけています。それは、出荷後に枝肉として熟成させるのではなく、長く肥育することで最もおいしい完熟のタイミングで出荷させるためです。

枝肉にしてから熟成するよりも飼育しながらお肉がおいしくなるまで待つのです。(その分、飼育のエサやコストが掛かります。)お肉自体の鮮度は高いのですが、しっかりと熟成が行われた味となります。

これを生体熟成と言っています。

旬匠Web通販では、国産素材や無添加食品にこだわり、美味しさを第一に考え、常に新鮮な食材を届けしています。是非、旬匠の近江牛をお試しください。

【商品紹介ページ】

 

【あわせて読みたい関連記事】

 

PAGE TOP