こんにちは!

旬の食材、匠の食材を扱う

「旬匠(しゅんたく)」の原田です。

私たち「旬匠」は、お米や和牛やウルメイワシなど日本全国に眠っている

本当に美味しい旬の食材、匠の食材をご紹介しています。

さて今回は、私たち旬匠がご提供している

こだわりの一升餅の美味しさ」について

「無添加・職人技・伝統」という観点から

ご紹介していきたいと思います。

人気の秘密1:100%無添加!合成着色料は使いません

 

私たち旬匠の一升餅は、

最近流行りの「寿」や「お名前」等の文字入れはしていません。

理由は簡単です。

 

食品の文字入れに用いられる塗料はほぼ全てが合成着色料だからです。

私たち旬匠は

皆さんが召し上がる一升餅に、それらを一切使いたくありません。

合成着色料の種類等にもよりますが、アメリカやヨーロッパでは使用が禁止されているものがあります。

旬匠では、少しでも安心・安全に一升餅を味わって頂くために

文字入れなどを行わず、

「一升餅自体の味」と「まんまるな形と弾力」

をお楽しみ頂きたくて

シンプルな形の伝統的な一升餅だけを取り扱っています。

人気の秘密2:職人技のお餅の丸さが自慢です

 

 

 

 

 

 

 

一升餅が丸いのは当たり前ですよね。

ひと口に丸いといっても実は、

色々な一升餅を見比べると、つくる職人さんによって微妙に形が違います。

旬匠の一升餅はどこから見ても絶妙な丸さで、縁起の良さが形から感じられます。

このなんとも言えない良い丸さは、職人技なんです。

お餅は、搗き上がった瞬間から時間とともにどんどん固くなっていきます。

その固くなる前に職人さんが手ごねしていきます。

こればかりは、機械では上手くできません。

ご注文を受けてから1つ1つ丁寧に職人さんが手でこねて作っていきます。

この時、だんだんと固くなるお餅と対話しながら、力の入れ方、こねる回数を調整します。

なので、なんとも言えない縁起の良い丸さになるんです。

上が平らでペッタンコだったり、お餅のすそがぼてっとしていない、

いい感じのお餅の丸さが自慢です。

 

 

 

 

 

人気の秘密3:伝統的でシンプルなスタイル

 

最近では、丸い一升餅だけでなく

ハート型だったり、パンでつくった一升パンも見られます。

でも、一升餅の「丸い形」と「一升という重さ」には大きな意味があります。

伝統的な一升餅の文化を残していきたい、

そこに宿る「意味」と「美味しさ」を追求した一升餅をお届けしたい

という私たちの思いをもとに

ハート型の一升餅や一升パンは作らず

美味しくて伝統的なシンプルなスタイルの一升餅をお届けしています。

 

人生で一度きりのお子様の一歳の誕生日。

ご家族や親戚の皆さまで

盛大にお祝いされるとおもいます。

そんなハレの場ですから

ご家族、ご親戚、ご近所さん…

老若男女、さまざまな方が

集まることもあると思います。

そこにあるのは、

「誰もが安心して、美味しく食べられる最高の一升餅」

「伝統的でシンプルで絶妙な丸さの一升餅」

そして、

シンプルな白さや丸さと、食べた時のお餅のおいしさこそ

どんな方にも喜んで頂ける一升餅だと思っています。

やはりこのまんまるで、文字が入っていない

一升餅だからこそ醸し出される、

おめでたい雰囲気を皆さまにお届けしたいのです。

是非、「旬匠の一升餅」を味わっていただけたらと思いを込めております。

*****

今回は、私たち旬匠が

食品添加物で文字入れしない理由や

一升餅の形と職人の技や伝統にこだわる理由について

ご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

大切なお子様の一歳の誕生日を

是非旬匠の一升餅で、お祝いして頂けたらと思います。

【商品紹介ページ】

 

【あわせて読みたい関連記事】

 

 

 

PAGE TOP