こんにちは!

旬の食材、匠の食材「旬匠(しゅんたく)」の原田です。

私たち「旬匠」お米や梅干しなど、日本全国に眠っている本当に美味しい旬の食材、匠の食材をご紹介しています。

さて今回は、一升餅の大きな特徴の一つでもある「丸み」について解説していきます。

「一升餅」とはなんぞや? と思われた方。

一升餅の定義については

こちら↓の記事にて、ご紹介していますのでチェックしてみてくださいね。


1.旬匠一升餅の丸みの秘密

一升餅というと、皆さんはどんな形を想像されますか?

実際に見たことのある方や写真などで見たことのある方の回答は

もちろん

「まる」

だと思います。

そして、正解はその通り「まる」です。

(小分けなどの場合、まるではない場合もあります)

しかし、一般的な一升餅が

「円」

だとすると

旬匠の一升餅は

「丸」

というイメージです。

もう少し具体的に言うと、一般的な一升餅は円盤のような少し平べったいものが多いのですが

私たち旬匠ブランドの一升餅は

ふっくらとした丸みが特徴です。

こちらの写真を見て頂くと、一目瞭然かと思います。

上が一般的な一升餅・下が旬匠Web通販の一升餅です。

このふっくら感の違い、

お気づき頂けましたでしょうか?

なぜ、私たち旬匠がそこまで形に、こだわるのかと言うと、

単純に形が良い方がおいしいからです。

「儀式として用いて終わり」

ではなく、

その後にご家族や親戚の皆さんと、おいしいお餅を頂きたい。

そういった想いのもと、旬匠はおいしい一升餅を作り続けています。

ちなみに

一升餅の仲間である「鏡餅」も、丸い形がとても印象的ですよね。

鏡餅が丸い形をしている理由については

こちらの記事にて詳しく

ご紹介していますので是非ご覧くださいね。

2、ひとつひとつ、職人さんの手作り

一升餅を機械で生産する業者さんも、世の中にはたくさんあるようですが

私たち旬匠ブランドの一升餅は、もちろんひとつひとつ、職人さんの手作りです。

職人さんが、お餅のコシを感じながら絶妙な力加減でこねます。

軟らかすぎるとペタッとしてしまいますし、固すぎても食感が悪くなってしまいます。

こねている最中も、お餅は時間とともにどんどん冷めて固くなってしまうため、一升餅づくりは、まさに時間との勝負!

そうして作られた一升餅だけが、お子様の元に届きます。

3、あえて文字入れしない理由

私たち「旬匠」では

あえて文字入れはしていません。

その理由については、少し長くなりそうなので割愛しますが

二言(ふたこと)でいうと、

  1. 食品添加物の朱色を使いたくない
  2. この絶妙なお餅の丸さを大切にしたい

ということになります。 

【商品紹介ページ】

 

PAGE TOP