こんにちは!

旬の食材、匠の食材を扱う

「旬匠(しゅんたく)」の小林です。

私たち「旬匠」は

お米や梅干し、また

一本釣りウルメイワシなどといった希少な食材まで

日本全国に眠っている、

本当に美味しい旬の食材、匠の食材を扱っています。

前回の記事では

一升餅のオススメブログ10記事をご紹介しました。

もしまだお読みでない方は

是非ご覧くださいね!

※「一升餅のプロ「旬匠」が選ぶ、一升餅のオススメブログ10選」

さて、

今回は、魚沼コシヒカリの新米とは何か、ということについて

わかりやすくご紹介していきたいと思います。

1、魚沼コシヒカリとは?

■コシヒカリとは?

コシヒカリといえば、

「美味しいお米の代名詞」

「お米の王様」

と言われるほど、日本では有数のお米の銘柄ですね。

「お米の銘柄といえば?」と聞かれて、

真っ先にこの名前が思いつく方も多いのではないでしょうか。

コシヒカリが誕生したのは、昭和31年。

そして60年以上経った平成30年時点でも

作付面積、生産量ともダントツトップ!

全国の約3分の1の田んぼで、コシヒカリが作られていると言われています。

そんなコシヒカリですが、実は

初めからブランド米だったわけではありません。

戦時中から人工交配による品種改良が少しずつ進められ、

コシヒカリと共に姉妹品種もいくつか作られました。

そちらの方が農家さんにとっては作りやすかったようで、

初めのうちはそれらが重宝されました。

コシヒカリの系統は、味は良いけれども、

病気に弱く倒れやすかったため栽培が難しかったようです。

しかし昭和40年代になると、お米は供給過剰に。

結果、

消費者は、より美味しいお米を求めるようになりました。

そのニーズに応えるために、多くの農家さんたちがコシヒカリの「味の良さ」に注目。

そうして、どんどん作付けされるようになっていき、

コシヒカリは全国区のお米になっていったのでした。

ちなみに、コシヒカリの祖先は新潟県で生まれ、

福井県で育成された後、

新潟県で栽培がスタート。

福井県と新潟県の両県のタッグから生まれたことから、

コシヒカリの名前には

「越前(福井)と越後(新潟)の「越の国」で光り輝く米に育ってほしい」

という願いが込められているそうです。

■魚沼はどんな場所?

このように、コシヒカリは今では全国各地で作られているブランド米です。

産地で言うと、新潟県、特に魚沼地方が有名と言われていますね。

なぜ魚沼地方で有名なのかというと、

お米づくりに必要な3つの条件が全て揃っているからなのです。

それは、

気象、水質、土壌です。

これらの具体的な条件については、

「魚沼産コシヒカリ新米はなぜおいしいのか?〜3つの秘密〜」

の記事にて詳しくご紹介していますが、

ここではポイントのみご紹介しますね。

○気象

昼夜の温度差が大きい山間部の気候が

お米の旨味となるデンプンを夜間に蓄えることにより、

おいしいお米を育てます。

○水質

全国有数の豪雪地帯である魚沼地方。

その豪雪がもたらす「豊かで良質な水」が

魚沼のおいしいお米を生み出しています。

○土壌

魚沼の水田はやや痩せた土壌です。

しかしこの土壌が、実はコシヒカリによく合っており、

良質なコシヒカリを育む土台となっています。

2、魚沼コシヒカリの新米はなぜ美味しいのか?

魚沼コシヒカリが、どういったものかをご理解頂いたところで、

では、魚沼コシヒカリの新米は

なぜ美味しいと言われているのでしょうか?

理由は2つあります。

1つ目は、収穫されたばかりの新鮮な新米は

ツヤ、風味、粘り、香りが最高の状態

にあるからです。

また、古米に比べ水分量が多く、

風味豊かで粘り強いという特徴もあります。

これが「上質なうまさ」につながっているのです。

2つ目の理由は、

「旬のものとのかけ算によるうまさの相乗効果」

です。

新米が出回る時期は秋頃が一般的ですが、

秋は「味覚の秋」と言われるように、

お米だけでなく、秋刀魚や栗、サツマイモなど

お米以外の食べ物で、お米と相性のよい食物が旬を迎えます。

そういった「旬の食べ物たち」と、

「旬の新米」を一緒に食べることで、

美味しさの相乗効果が生まれ、

新米自体の美味しさがさらに引き出されるのです。

元々美味しい魚沼コシヒカリの、

一番食べ頃(=旬)である新米。

この掛け算が、美味しさの決め手なことは間違いありません。

※新米の時期については、

「新米の最もおいしい時期とは? 新米丸わかりガイド」

の記事にてご確認くださいね。

3、魚沼コシヒカリはどうやって作られている?

では、魚沼コシヒカリはどのように作られているのでしょうか。

ここでは、私たち旬匠の契約農家さんの事例をご紹介します。

稲作は田んぼの土造りから、既に勝負が始まっています。

土造りは、刈取り直後の秋から冬場にかけて丹念に行います。

苗の発芽段階でも、種籾(たねもみ)には

消毒剤を一切使わず育成しています。

そして田植え後は、天候と生育状況を確認しながら、

田んぼの水量を毎日丁寧に調整します。

安心安全なお米をつくるために、

肥料を吟味し、低農薬にこだわり、

除草剤は一切使わず、雑草を刈り取ります。

こだわりは、稲の刈り取り後にもあらわれます。

一粒一粒のお米がしっかりと大きく、

ふっくらとした甘みのあるおいしいお米にするために、

真っ白で粒の大きなお米だけを丁寧に選別しています。

もちろん、保管にもこだわっています。

私たち旬匠では、温度管理された低温倉庫で

玄米のまま保管しています。

一般的に精米は、食べる直前がベストなので、

旬匠では、ご注文を受けてから精米。

精米方法にもこだわり、

安全管理工程をしっかりと守って

旨味を損なわないよう、低温低圧精米をしています。

その結果、もちもち、つやつや、甘みのある

とにかく美味しい魚沼コシヒカリが出来上がるのです。

また、一般的な魚沼産コシヒカリは

地域のたくさんの農家のお米を大量に集めて

混ぜています。

しかし、私たち旬匠のコシヒカリは

地域でも有数な専業農家が

情熱を込めて作った単一農家だけのお米です。

上記の数々のこだわりからも、

どれだけ愛情が込もっているかが

お分かり頂けるのではないでしょうか。

また、下記の記事にて更に詳しい内容をご紹介していますので

気になる方はご覧くださいね。

「旬匠のコシヒカリがおいしい4つの理由」

*****

さて今回は、魚沼コシヒカリの新米について

ご紹介しました。

魚沼コシヒカリの新米には

とにかく「美味しい」要素が詰まっていますね。

美味しい魚沼コシヒカリが食べたい!という方は、

是非こちら↓をチェックしてみてください。

PAGE TOP