こんにちは!

旬の食材、匠の食材を扱う

「旬匠(しゅんたく)」の小林です。

私たち「旬匠」は

お米や梅干し、また

一本釣りウルメイワシなどといった希少な食材まで

日本全国に眠っている、

本当に美味しい旬の食材、匠の食材を扱っています。

前回の記事では

魚沼コシヒカリの新米とは何か

ということについてご紹介しました。

もしまだお読みでない方は

是非ご覧くださいね!

※「魚沼コシヒカリの新米とは何か? お米のことなら旬匠」

さて、お米の旬は一般的には秋と言われていますが、

実はお米には、もう一つ旬があることをご存知でしたか?

今回は、お米の「もう一つの旬」についてお話ししていきたいと思います。

1、一般的なお米の旬は?

一般的に、お米は夏から秋頃までに収穫され、

そのピークは、毎年9〜10月頃になります。

この時期が一般的にはお米の「旬」と呼ばれているものです。

いわゆる「新米」の時期ですね。

ただ、お米は日本全国で栽培されており、

気候や品種によって収穫時期も異なるため、

これは、あくまで目安です。

新米の時期については、下記の記事もご参照ください。

※「新米の最もおいしい時期とは? 新米丸わかりガイド」

この新米の時期のお米の特徴は、

ツヤ、風味、粘り、香り、甘みに優れており、

とにかくおいしいことです。

皆さんも新米というと、おいしいイメージをお持ちなのではないでしょうか。

2、実は●月頃もおいしい?

年を越して2〜3月になると

お米は追熟(糖熟)します。

追熟とは、

水分・柔らかさ・香りが落ち着いて、

甘みに深みが増してくることを言います。

そしてこの2〜3月頃のお米も、新米に引けを取らず、

非常に美味しいと言われています。

追熟というと、バナナやメロンなどのフルーツを

連想する方も多いと思いますが、

実はフルーツだけでなく、お米も追熟することにより、

甘みと旨みが増すのです!

確かにワインも、ボジョレー・ヌーヴォーといった

いわゆる「初物」がもてはやされる一方で、

何年も寝かせたワインは、モノによっては

何百万円もの価値を持ちますよね。

日本には初物を大事にする文化がありますが

(新米、初ガツオ、初日の出等々…)

新米にこだわり過ぎず、

追熟して旨みを増したお米も味わってみてはいかがでしょうか。

3、同じコシヒカリでも時期や産地によって味が異なる?

このようにお米は、食べる時期によって味が変わるのはもちろん、

産地によっても味は異なります。

同じコシヒカリでも、魚沼産と福島県産では味が異なりますし、

もっと言うと、同じ魚沼でも、

南魚沼と他の魚沼地区ではやはり味は異なります。

つまり、栽培・生育環境等が変わることで、

当たり前ですが、味は変化するのです。

私たち「旬匠」では

コシヒカリ栽培の発祥の地であり、

魚沼地区の中でも有数で、最もコシヒカリがおいしいとされる

南魚沼産にこだわっています。

更に言うと、旬匠では、そんな南魚沼で代々コシヒカリを作り続けてきた、

情熱とこだわりを持った専業農家さんだけのお米を扱っています。

実は、一般的な魚沼産コシヒカリは

近隣農家のお米を集めて混ぜています。

しかし他のお米とブレンドしてしまえば、

その農家さんのこだわりは薄れてしまいます。

私たち旬匠は、

農家さんが手塩にかけて育てたコシヒカリを味わうことができるように、

混じり気がない「単一米」にこだわっています。

そんなたくさんのこだわりと愛情が詰まった

旬匠のコシヒカリについては、

下記の記事にて詳しくご紹介していますので、

良かったらご覧くださいね。

※「旬匠のコシヒカリがおいしい4つの理由」

*****

さて今回は、お米の「もう一つの旬」について

お話ししました。

新米だけが旬ではないことに、驚いた方も多いのではないでしょうか。

新米の時期だけでなく、他の時期でもおいしく、

時期によって味わいの変化を楽しむことができる、

そんな南魚沼産コシヒカリを食べてみたい!という方は、

是非こちら↓をご確認くださいね。

PAGE TOP