こんにちは!

旬の食材、匠の食材「旬匠(しゅんたく)」の原田です。

私たち「旬匠」はお米や梅干し、また一本釣りウルメイワシといった希少な食材まで日本全国に眠っている、本当に美味しい旬の食材、匠の食材を扱っています。

 

前回の記事では、旬匠オススメのうるめいわしレシピを3つご紹介しました。

どれも簡単なレシピなので、もしまだお読みでない方は、是非ご確認くださいね。

さて、玄米というと健康に良いイメージがありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。今回は、玄米の健康効果についてご紹介していきたいと思います。

 

1.玄米とは?

 

 

そもそも玄米とはどんなお米なのでしょうか。

玄米とは、籾(もみ=稲の果実)から籾殻(もみがら)を除去した、精米(精白)されていない状態のお米のことです。

この玄米を精白(玄米表面の薄皮=糠(ぬか)を取り除くこと)すると、私たちがよく見かける白米になります。

上図の、糠、胚芽、胚乳が残っているものが玄米。

糠と胚芽を取り除いて胚乳(図の茶色の部分)だけになったものが白米です。

なお、胚芽を残したままで糠(ぬか)を取り除いて精米したものを

分づき米(ぶづきまい)と言います。

糠(ぬか)を取り除く割合によって、

七分づき、五分づき等と言います。

2.玄米に含まれる栄養素とは?

玄米の胚芽部分には、ビタミンB1を始めとしたビタミンB群、ビタミンEが多く含まれ、特にビタミンB1は白米の約8倍含まれていると言われています。

 

また、玄米の糠(ぬか)層には、食物繊維とリノール酸が多く含まれており食物繊維は白米の約4.6倍含まれていると言われています。

 

(出典:文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂))

 

これら栄養素の栄養効果は下記の通りです。

ビタミンB1:疲労回復

ビタミンE:抗酸化作用

食物繊維:腸内環境改善

リノール酸:血中コレステロール低減

それでは、それぞれの栄養素の効果について

詳しくご紹介しましょう。

■ビタミンB1:疲労回復

 

「疲労回復ビタミン」と呼ばれるビタミンB1は

・糖質をエネルギーに変えます

・皮膚や粘膜を健康に保ちます

・疲労を回復させます

■ビタミンE:抗酸化作用

 

ビタミンEは強い抗酸化作用により

・自律神経失調症や更年期障害を予防します

・老化防止、シミ・動脈硬化・生活習慣病を予防します

・血行促進など体調を整えます

■食物繊維:腸内環境改善

 

●食物繊維は体内に吸収されないことから

・腸からの脂肪の吸収を抑制します

・食後の血糖値の上昇を抑えます

・血中コレステロール値を低下させます

●ナトリウムを排出する効果があるので

・高血圧を予防します

●低カロリーなことから

・肥満の予防にもなります

・生活習慣病を予防します

 

■リノール酸:血中コレステロール低減

 

多価不飽和脂肪酸(オメガ6系)であるリノール酸は

・血中コレステロール値を低下させます

このように玄米には

白米には含まれていない栄養素が豊富に含まれており、白米に比べて健康に良いと言えます。

玄米が昔から「完全栄養食」と言われていることも納得できますね。

3.玄米の栄養効果を最大限に引き出すためには?

これだけ栄養の詰まった玄米を

効果的に摂取するオススメの方法は二つあります。

■一つ目はずばり、「よく噛む」ことです。

玄米は一般的に硬く、消化にも時間がかかるため、よく噛むことが大切です。

よく噛むことで得られるメリットには次のようなものがあります。

・食べ過ぎを防ぐ

・味覚の発達を促す

・胃腸の働きを促す

・免疫力アップ…などなど

玄米を食べることで、よく噛む習慣を身に付け、健康な身体作りに是非お役立てくださいね。

また、玄米はボソボソして食べにくい、という方はチャーハンやリゾット、ピラフ等、食べ方を変えてみると食べやすいので是非お試しください。

■二つ目は、無農薬または減農薬の玄米を選ぶことです。

お米の胚芽や糠層には、残留農薬がたまりやすいと言われているので、玄米を食べるのであれば、無農薬や減農薬の玄米をオススメします。

*****

さて今回は、玄米の健康効果についてご紹介しました。

玄米にこれほど栄養が詰まっていることに、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

私たち旬匠がお届けしている南魚沼産コシヒカリは、もちろん玄米の状態でもお届けが可能です。

農薬の使用を最大限にまで減らし、熱心な農家さんが研究を重ねた自家製の有機肥料を使い、土づくりから刈り取りまで丁寧に栽培された、100%南魚沼産の良質なコシヒカリをお届けします。

冷めてもおいしい、ごはんだけでおいしい、旬匠の南魚沼産コシヒカリ

【商品紹介ページ】

【合わせて読みたい関連記事】

PAGE TOP